トップページ » 管理日記, 節黒城跡キャンプ場

コテージAのタタミがきれいになりました。

春の大型連休、大勢の皆様にお越しいただきありがとうございました。

本日は打って変わって静かな雨のナカゴグリーンパーク。

そんな5月7日、管理人日記担当はキャンプ場の掃除へ。

ところで人気のコテージAのタタミが新しくなりました。

大地の芸術祭の作品でもあるコテージ。大切に使っていただけると大変うれしく思います。

2018.5.7

キャンプ場のよくあるご質問(その5)

「コテージの近くでバーベキューはできますか?」というお問い合わせがあります。

それぞれのコテージにはちょっとしたスペースがあります。

室内からの階段もあり、玄関から出なくても直接出入りができます。

(室内は土足禁止です。出入りの際はご注意ください)

まず「コテージA」

A庭2

「コテージB」はこんな感じ。

B庭1

最後に「コテージC」

C庭1

尚、直火(地面で直接火を使う)は禁止しております。

テーブル型のバーベキューコンロなどをご利用ください。

また、火の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

キャンプ場のよくあるご質問(その4)

「近くに買い物できるところはありますか?」というお問い合わせもよくいただきます。

節黒城跡キャンプ場は意外と便利で お車で5~10分の範囲に

地元のスーパーやコンビニ、温泉やコインランドリーもございます。

15~20分 車で走れば大きなスーパーやホームセンターも!

※時間については道路状況により変わってきます。

※キャンプ場周辺は細い山道です。安全運転でお願いします。

地図はコチラからご覧いただけます→周辺マップ

P1020899

手作り感満載です。

コテージC 様々な光を楽しむ室内空間

グッドデザイン賞受賞作品としても知られる、コテージC

四角い建物の中に白木で仕切られた空間が配置されています。

スリットになった白木の間仕切りは、

日中の太陽や 夜間は間接照明により様々な光の表情を見せてくれます。

P1020125 P1020123

P1020797 P1020795

室内に浮かんだ箱のような2階部分、大きな窓からはたっぷりと陽射しがそそぎこみます。

夜間の間接照明や、朝夕の日差しの光の様子は宿泊してのお楽しみということで。

ところで「光を楽しむ空間」といえば「光の館」も素晴らしい芸術祭作品。お見逃しなく。

コテージB アートな空間、建築を学ぶ学生に人気です。

黒で統一された内装が印象的なコテージB

耐震性も考慮した3方向に広がる空間には大きな窓があり、

それぞれの風景を絵画のように切り取ります。(景色はオタノシミということで)

また ダヴィンチの「最後の晩餐」を彷彿させる最も大きな奥行のある空間も。

コテージB-1

コテージB-2 IMG_0274

3方向の空間の一つには 洗面、隣にトイレ、奥にシャワールーム。

そして 棚や扉のレッドやイエローがそれぞれの空間を引き締めます。

コテージB いかにも芸術祭の作品 といった雰囲気を醸し出します。

(設備など詳しくはページトップから節黒城跡キャンプ場でご覧ください。)

次はグッドデザイン賞受賞作品としても知られる コテージC をご紹介します。


コテージA 楽しげな空間が広がります。

大地の芸術祭の作品として知られる3棟のコテージ。

もっとも楽しげな雰囲気を醸し出すのがA棟。

写真の奥の方には唯一畳のフロアがある、人気のコテージです。

(そうじ用具は、キッチンのガスコンロの下に入っています)

P1020807

はしごを上がると窓には魚沼の風景が広がります。(風景はオタノシミということで)

奥には子供のころの秘密基地を思い出しそうなちょっとした空間も。

P1020801 P1020802

次はコテージBをご紹介する予定です。お楽しみに。

(設備など詳しくはトップページから節黒城跡キャンプ場へお願いします)


 



貸出用の寝袋の写真です。

いわゆる普通のキャンプ用の寝袋セットです。(1組1泊300円税込)

必要な場合は事前にご予約をお願いします。

寝袋レンタル

キャンプ場のよくあるご質問(その3)

コテージの備品と設備について お問い合わせをいただくことがあります。

大地の芸術祭の作品として知られる節黒城跡キャンプ場のコテージですが、

ざっくりと言えば「家電とエアコンが付いていない入居予定の一軒家」という感じでしょうか。

浴室 A棟とC棟は浴室(浴槽あり)B棟はシャワーのみ。

シャンプーやタオルなどは全てお持込ください。ドライヤーはありません。

トイレ 3棟とも洋式水洗トイレです。トイレットペーパーは一応3ロールほど備え付けがあります。

キッチン 3棟とも共通で ガスコンロ2口、シンク、あり。

調理用具や食器類はありません。必要に応じてお持込ください。

その他 掃除道具はそれぞれ用意してあります。(ホウキ、塵取り、風呂トイレの洗剤など)

当キャンプ場共通ですが、使用後の掃除とゴミのお持ち帰りをお願いしております。

電源 家庭用コンセントはありますが、冷蔵庫など家電製品や冷暖房もありません。

温かい時期の食品の管理にはくれぐれもご注意ください。

また冷暖房もございませんので、季節に合わせた対応をお願いします。

寝具 ありません。寝袋などお持込ください。(1泊1個300円で寝袋の貸し出しあり)

また何かありましたらお問い合わせ頂ければ、と思います。

変更がある場合も お知らせいたします。

(下の写真はB棟のキッチンです。中央の段差の所にホウキ、塵取りが入っています)

P1020128



キャンプ場のよくあるご質問(その2)

キャンプ用品の貸出についての問い合わせをいただくことがございます。

寝袋の貸し出しが300円(1人分1泊)で ございますが、

そのほかのキャンプ用品は全ては持ち込みとなります。よろしくお願いいたします。IMG_0274

キャンプ場のよくあるご質問(その1)

じつは「虫はいますか?」という質問があります。

虫が苦手な方には残念ですが「虫はいます」

スズメバチなど危険な害虫は駆除しますが、

もともと虫や野生の生物がくらしていた山を

後から入った人間が使わせていただいている、というのが

自然の中にあるほとんどのキャンプ場の状況だと思います。

キャンプはもちろん、アウトドアを楽しむ際は、虫除けスプレーなどの対策をお忘れなく。

IMG_0273

(写真はバンガローです。同じ形の建物が3棟並んでいます。)